タラバガニの基礎知識と美味しい食べ方

タラバガニ

タラバガニってどんなカニ?

 

分類 十脚目(エビ目)-異尾科目(ヤドカリ科目)-タラバガニ科-タラバガニ属
学名 Paralithodes camtschaticus
和名 タラバガニ

和名の由来は生息域がタラの漁場(鱈場[たらば])と重なることから由来しています。

英語名 Red king crab

 

タラバガニの生態
カニの王様と呼ばれているタラバガニは、甲幅は、25cmほどで、脚を広げると1mを超える大型の甲殻類です。和名に「カニ」の文字がありますが生物学上は、ヤドカリの仲間です。脚はかん脚も含めて外見上は8本ありますが、実際には10本あり1対の小さな脚が甲羅の下に隠れています。オスは足が長く太く、メスはやや足が短いです。全身は、短い棘状の突起で覆われています。食用として流通される時は、茹でられれて赤色になっていいますが、生態は、背中側は、暗紫、腹側は淡い黄色をしています。

 

タラバガニは、4月〜6月に浅場で産卵します。オス、メス共に孵化(ふか)後、4年程度で成体になり繁殖を行い、15年程度生存します。食性は肉食で多毛類、貝類など様々な小動物を捕食します。カニは一般的に横歩行しますが、タラバガニは縦方向にも移動ができます。

 

タラバガニの生息域
日本海オホーツク海ベーリング海>を含む北太平洋北極海のアラスカ沿岸ガラパゴス諸島チリアルゼンチン付近に分布しています。成体は、水深30〜350m程度の砂泥底に生息していますが、若い個体は浅海にも生息しています。水温の低い地域に行くほど浅い場所に生息しています。

 

タラバガニの漁獲
日本における主な漁場はオホーツク海で、1月〜5月沖合底引き網刺し網で漁獲されています。近年、乱獲によってタラバガニの生息数が激減し、アメリカ、ロシア、カナダなどの輸入品が多いです。海外のタラバガニの漁場は、アメリカ合衆国アラスカ州のベーリング海や、カムチャッカ半島近海が有名であり、その中でもアラスカ産のタラバガニが人気です。日本では農林水産省の『タラバ』蟹類採捕取締規則という法令によりメスの採捕が禁止されています。

 

タラバガニの流通
タラバガニは、高価なため、一般家庭では頻繁に食べることは難しく、年末年始の商品として購入されることが多いです。価格は、オスが高価で、メスが安いです。また、国産品は、輸入品に比べて価格が高いですが、輸入品も大きいものは、高価です。

 

タラバガニとよく似たアブラガニ「タラバガニ」と表示して販売することは、日本では禁止されています。タラバガニとアブラガニの見分け方は、甲羅中心部やや後方に6つのトゲがあるのがタラバガニで、4つのトゲがあるのがアブラガニです。

 

タラバガニとアブラガニの見分け方

 

タラバガニの旬
タラバガニは、冷凍ものなど一年中店頭で見かけますが、タラバガニの旬は、脱皮して甲羅が完全に硬くなり身がいっぱい詰まった(硬蟹(かたがに)という)11月〜2月です。脱皮したての蟹(若蟹という)は、水っぽく美味しくありません。

 

 

タラバガニの美味しい食べ方

 

そのまま食べる(ボイルタラバガニ)

茹でタラバガニ

ボイルタラバガニは、バター焼きにしても、贅沢にカニ鍋の具材としても美味しくお召上がりいただけますが、最初にお薦めする食べ方は、「そのまま食べる」ことです。まずは、そのままの味を味わってから色々な食べ方を堪能して下さい。ボイルタラバガニは、水揚げされたばかりの新鮮なタラバガニを釜茹でして急速凍結されています。自然解凍すればそのままお召し上がりいただけます。

 

 

焼きタラバガニ(ボイルタラバガニ)

焼きタラバガニ

焼きガニも、カニ本来の旨味をそのまま味わえる贅沢な食べ方です。殻の付いた状態で網焼きすれば、甘味が出て、煮て食べるのとは全く違う旨味が味わえます。(炭火焼がお薦めです。)焼きたての熱々のタラバガニをポン酢レモンを絞って食べると格別です。

 

 

 

 

バター焼き(タラバガニポーション)

タラバガニバター焼き

タラバガニのバター焼きも人気のメニューです。タラバガニの肉厚のポーション(むき身)をホットプレートやフライパンで焼くと、とても美味しいです。温めたフライパンにバターを多めに入れ、バターが溶け出したら、ポーションを程よく絡めて焼き上げて下さい。味付けは塩コショウでOKです。カニとバターの相性は抜群で、バターの香りが一層食欲をそそります。

 

 

カニしゃぶ(タラバガニポーション)

タラバガニカニしゃぶ

カニしゃぶは、間違いなくヤミツキになります。昆布で出しを取って、季節の野菜(白菜、エノキ、椎茸、長ネギ・・・)を入れて、軽くしゃぶしゃぶします。少しお酒を入れるとタラバガニの風味が引き立ちます。ポン酢、または、ゴマダレを着けてお召上がり下さい。

 

 

 

 

カニチャーハン(ボイルタラバガニ)

タラバガニカニチャーハン

タラバガニを満喫した翌日のお昼に、ぜひ食べていただきたいのが、タラバガニを使ったカニチャーハンです。タラバガニの脚1本あれば3〜4人前作れます。タラバガニは1度に全部を食べきるのではなく、カニチャーハン様にタラバガニの脚を1本だけ残しておきましょう。お子様やご主人が悦ぶこと間違いなしです。

 

 

カニ鍋(ボイルタラバガニ、タラバガニポーション)

タラバガニ通販人気ランキング

カニ鍋は、タラバガニを無駄なく味わうことができる定番メニューです。殻ごと鍋に入れて煮込めば、最高に美味しいです。身はプリプリしていてとても美味しいです。昆布でだしを取り、白菜、長ネギ、水菜、春菊、人参、エノキなどの野菜とタラバガニ以外に海老や帆立などの魚介類を入れると更に美味しくいただけます。

 

 

 

カニ雑炊(ボイルタラバガニ、タラバガニポーション)

タラバガニカニ雑炊

カニ鍋を食べるなら、ぜひ食べていただきたいのが、カニ雑炊です。カニ鍋を食べ終わったら、鍋にご飯と、卵を入れて、よくかき混ぜて下さい。カニのだしが出てて最高に美味しい雑炊をお召上がりいただけます。

 

 

 

 

 

 

タラバガニ通販人気ランキング

関連ページ

日本で食べられるカニの種類は?
タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニ、花咲ガニ。今年もカニの美味しい季節がやってきました。安くてボリューム満点の美味しいカニを紹介します。
カニの部位(ズワイガニ)
タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニ、花咲ガニ。今年もカニの美味しい季節がやってきました。安くてボリューム満点の美味しいカニを紹介します。
カニのサイズの2Lや3Lって何ですか?
タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニ、花咲ガニ。今年もカニの美味しい季節がやってきました。安くてボリューム満点の美味しいカニを紹介します。
堅蟹(かたがに)にとか若蟹(わかがに)ってどんなカニ?
タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニ、花咲ガニ。今年もカニの美味しい季節がやってきました。安くてボリューム満点の美味しいカニを紹介します。
ズワイガニの基礎知識と美味しい食べ方
タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニ、花咲ガニ。今年もカニの美味しい季節がやってきました。安くてボリューム満点の美味しいカニを紹介します。
毛ガニの基礎知識と美味しい食べ方
タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニ、花咲ガニ。今年もカニの美味しい季節がやってきました。安くてボリューム満点の美味しいカニを紹介します。
生タラバガニ、生ズワイガニって何ですか?
タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニ、花咲ガニ。今年もカニの美味しい季節がやってきました。安くてボリューム満点の美味しいカニを紹介します。
生タラバポーションや生ズワイポーションて何ですか?
タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニ、花咲ガニ。今年もカニの美味しい季節がやってきました。安くてボリューム満点の美味しいカニを紹介します。
ハナサキガニの基礎知識と美味しい食べ方
タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニ、花咲ガニ。今年もカニの美味しい季節がやってきました。安くてボリューム満点の美味しいカニを紹介します。
蟹(カニ)ってどんな生き物なの?
タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニ、花咲ガニ。今年もカニの美味しい季節がやってきました。安くてボリューム満点の美味しいカニを紹介します。

トップページ カニの浜海道 かにまみれ カニ本舗 網走水産 海鮮工房